SEARCH
CATEGORIES
LINKS
<< 責任施工保証制度の普及推進 | main | 青年部会の指導育成 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.07 Wednesday  | - | - | - | 

福利厚生事業

全板連に所属する組合員とその従業員あるいは家族のために、つぎのような厚生と福祉の制度があり、それぞれ重要な役割を果たしている。

(1)全国板金業国民健康保険制度
●全板連を母体とし、国民健康保険法にもとづいて設立された公法人「全国板金業国民健康保険組合」により運営されている板金業界だけを対象とした全国的な制度である。

●給付は、医療費が本人7割、家族7割となっているほか、高額療養費、出産費、その他各種手当金などの制度がある。

(2)全板連生命傷害共済制度
●一定年額の掛金を前提に国内、外あるいは業務上・業務外を問わず発生した障害に起因する志望・後遺障害、入院、通院に対し、一定額の共済金を支払う制度で傷害に帰因するものには政府管掌の労災保険の上乗せ保証という考え方にたち、充分に対応できるようになっている。

(3)全国板金業国民年金基金制度
●板金業に従事する事業主・従業員がゆとりある老後を過ごすことができるように基礎年金に上乗せして、より豊かな年金を保障する制度で板金業界だけを対象とした全国的なもので組合員の加入促進を図っている。

(4)労働保険事務組合事業
●組合員の労働保険(労災と雇用)への加入手続や保険料の納付手続、雇用保険の被保険者に関する手続きなどの労働保険事務を行っている。
2006.11.08 Wednesday 18:33 | - | - | 組合事業 | 

スポンサーサイト

2017.06.07 Wednesday 18:33 | - | - | - |